2/12(水) Deadly delicious 出演者について

f:id:mnusg:20200131020331j:plain:w350
ステートメントのような文章はこちら。あわせて読んでみてください。
dmomokam.hatenablog.com
さて、この日出演を依頼したDJとミュージシャンですが、組み合わせ自体に特に意味はなくて、それよりも単に私のパーティーに必要なひとたち!という感じで声をかけました。

まずはDJについて。
私がお菓子パーティーをやろうと考えたとき、初めから勝手に出演を決めていた&彼も出ることを勝手に決めていたであろう、Takishita Norihiro
私もcrewになってから1年以上経っている、巷で噂の平日パーティーfinedayを続けているミュージック&パーティーラヴァー。それに、焼き菓子を作ってひとに配ることが大好き。そんな彼に感化されて私も焼き菓子をパーティーに持ってくるようになりました。
ジャンルがつけられないバンドtentative fourやインダストリアル・ノイズ・ユニットのeightyeight-eightynine、それにscrewed DJなどいろんな音楽性を好み楽しむTakishitaさんとは、音楽に対してもお菓子作りに対しても私とは思想が合わず(笑)、でもパーティーの楽しみかたや作りかたには共鳴するところがあり、いまはたまたまfinedayはTakishitaさんと私の2人がcrewとして活動していますが、同じ方向を向きながら違うことを考えそれを出し合い、いい作用が生まれているような気がします。
今回、どんな音楽を、そしてどんなお菓子を持ってくるか、非常に非常に非常に楽しみです。

ヒップホップDJであるSlim Valleyさん。
fineday出演の際にプレイを聴いて、度肝抜かれるかっこよさ。なんていえばいいか分からなかったのでとりあえず、かっこよかったです!!!といいにいきました。
軽やかにどす黒い音楽をかけるその姿は、私が絶対に到達できねえ本物のDJだ…っと憧れてしまいます。
お菓子作りもするという話を聴いて、ばっちりやん、と思い出演をお願いしました。
いちおー全方位ラブなパーティーです、とお伝えしていますが、甘いのかヘビーなのか両方なのか、どんな感じにしてくれるのかわくわくしています。

そして、ええ〜音楽やるの〜?とびっくりしたかたも多いのではないかと思います、いまいちばんクールかつ熱いイラストレーター、クィアアーティストのカナイフユキさん。痛いほどに胸が締めつけられる、3冊のzineをまとめた作品「LONG WAY HOME」でも感じられるカルチャーの部分に興味がわきました。
実は彼に声をかける前に、ライブアクト1組をあと誰にしよーか?とかなり悩んでいて、断られたりひとと話したりするなかで急に、別に”ミュージシャン”でなくていいじゃん!って思いつき、私の好きなひとにしーちゃおってお願いしました。
私がなかなか聴かないポップなところを攻めてきてくれるんじゃないかな?と音楽的にもバランスがとれるのでは。自分、ナイス采配!

そして今回の主催、わたくしdead ももかでございます。
DJとしてはまだまだ、というかいつまで経ってもDJと自分から名乗れないけれどもベースミュージックのマイナージャンルWaveのDJとしては堂々と立つつもりがあるただの甘えん坊なのですが、今回はWaveはメインでなく、らぶくてばりばりに楽しい、ジャンル縦横無尽なセットにしたいと思っています。
DJをするときに思うのは、私はテクニックがないしディグをする気もあまり無いからみなが聴いたことないいい音楽を聴かせるというよりは、私だけが呼び寄せることのできるよく分からない時空間を作り上げたい、ということです。どう?なんだか楽しみな雰囲気でしょう?
お菓子については、できるだけみなで食べられるように、ヴィーガン・フード、それにできれば、できればですが…グルテンフリーにも挑戦したいです。

ライブアクトについて。
ラブといやあ、「ラブラブ企画」を主催するシンガー内田るんさんでしょ、と真っ先にお願いしました。
彼女の作る曲は、かわいくて少し居心地が悪い、とてもポップな音楽です。使う言葉の分かりやすさでも組み合わせの妙、そして耳馴染みのいいメロディー、つい口ずさみたくなる曲ばかりです。
とても個人的な話ですが、私が風鈴欲しい〜といったら彼女がどうぞっていきなりくれた、人類ラブじゃんなエピソードがあります。そういうことですよ!

開催二週間前に出演が決まった平野太一さん。
ライブでのエモーショナルで美しい歌の数々に胸が熱くなり、ああああ私のパーティーをさらに彩ってくれる方がいた…!とライブ終わりにすぐ声をかけました。
私はついラブっていうと甘く切なくそれでもハッピー、な感じを想像してしまいますが、それだけでない心も身体も引き千切られてしまうようなことも常にあって、そればかりじゃしんどいけれどそうやってひとの優しさが紡がれていくこともあるだろうと、平野さんの曲を聴いて思いました。

こんな夜は二度もありません。
僭越ながら、私の好きなラッパーのリリックを引用いたします。
”見逃した不運を一生後悔して嘆き 不幸な余生を送ることになるのは悲劇”

日記

2月12日のことについて少し書きたい。
2月12日に私の初めて企画のパーティー(5000回書いてもパーティーという言葉に慣れることはない、でもイベントというよりマシ)、Deadly deliciousを開きます。
音楽を聴いて、持ち寄ったおやつを食べる集会(パーティーよりこっちのほうが近いかな)です。
なんでおやつなんだろう、というのは、私がただお菓子作りにはまっているのとバレンタインだからちょうどいいねって。恋愛重視のバレンタインデーへのカウンターでもあったりします。
恋愛も含めとくけど、LOVEいうても、それだけじゃないすきとか愛とか、そういうのめちゃくちゃ大事じゃん。毎日毎日血反吐出ても、たまに友人ときゃっきゃして、バイバイって別れてあーいい時間だったなあ、とか。ライブハウスでしか顔合わさないなんとなくの知り合いが今日もいて、それで安心することだってある。博愛なんてでかいものでもなく、そんなのよりもっと身近な愛があると思うの。
ぐりとぐら」ではぐりとぐらがたまたま拾った大きな卵をかすてらにしようとしてたら、おいしそうなにおいをかいだたくさんの動物が集まってきて、みなで分けて食べることになる。私はそういうことがしたい。
みんなで食べよう、みんなで楽しもう、というよりも、みんなで分け合おうの精神のほうが近い。だって、みんなで楽しもうねっていわれても困らない?私は困る。楽しみ方ってひとそれぞれでしょう、みんなで楽しむ、なんて私には不可能に近いと思うのです。窮屈。だけど分け合うのはそこにいるみんなでしかできない。
私は、できればヴィーガングルテンフリーのものを持っていけたらなあ、と考えています。
なお、食べたいおやつを持ってきてね、とフライヤーに書いていますが、持ってこれるひとだけで構いません。手ぶら大歓迎(これもフライヤーに書いてますが…。)むしろ、食べにきてほしいのです。だって、食べる集会ですから。
手作りでも、市販品でも、家にあった余ったものでも(なるべく賞味期限内のもので)いいです。まあ、食べられるものがいいですね。
そして、私のすきなDJとミュージシャンの音楽を聴いてもらえれば、とてもうれしいです。
私のすきな場所・小岩bushbashにて2月12日19時〜23時(ちゃんと帰りましょうね、私も終電逃したくないので)
日常のなかの、ささやかな楽しみになればと思います。
ぜひ、お越しくださいませ。

もう30(歳)代も二回戦を終えようとしているのにまだずっこけまくっている。
昨年どうにも心がぎりぎりになってしまい耐えられず仕事をやめたい旨を上司に伝えたところまずは休職してはとすすめられそれから休んでいる。その頃は本当に頭が緩んでいて、自分が信頼しているひとに、甘えからつい他人をなめくさったような発言をして諌められ、そのときにああもうだめだ、と気づいた。落ち着いた状態ならそういうことは絶対にひとにいってはいけないとブレーキがかかったはずなのに、そういう判断もぐちゃぐちゃになってしまっていた。
最近は、新しい薬のせいかひどく気分が高揚し料理にはまって元気が出てきてその勢いでzineを書いてウワーッと活動した反動か、揺り戻しのようにうつの波がきて涙が出てとまらなくなることが増えた。泣きじゃくって、しまいには親に電話で話を聞いてもらったり、ひどいときには親に家に来てもらったりで、全然自分はまともになってないんだなってやっと気づいた。
調子に乗り過ぎました。みなさん(誰だ?)、ごめんなさい。
もう少し、ちゃんとします。

2019年リリースされたすばらしい音源10個以上

ここ2-3年はwavewaveゆうてwaveベスト10を書いたりしていたんですが

wave best10 - 〜

2018 wave best 10 - 〜

今年はwaveを漁る体力が無くて、本能のままに聴き続けた音源・ちょっとあとでもいいから生きているうちに聴いてねという今年リリースの好きな音源を10個以上書きます。10におさまらなかった。

一応私もDJとしてfinedayに参加しているので、それなりにおもしろくいい並びになっていると自負はありますのでぜひ。アルファベットとあいうえお順。ジャンルばらばら。では、お聴きください。

(ちなみにwaveをなんとなく知ってるひとは、え?あんなひょろっとした音楽を漁る体力?みたいに思うでしょ。いや、そこじゃなくて。waveというのはクラブミュージック、ベースミュージックの部類ではあるんですがメジャーなジャンルではないので情報が表に出てきづらく、こういっちゃなんだけどそういい曲にぽんぽんと巡り会えないので、ひょろくて自分の好きでない音楽を延々と聴き続ける羽目になるわけで…元気でないとやってられません。)

 

・Anton Belov 「Piano Works Ⅱ」

https://antonbelov.bandcamp.com/album/piano-works-ii

とてもやさしい、ピアノ中心に作られたインストゥルメンタル。音色がやわらかで聴きやすく、そして少しずつ展開があるので音楽に集中できる。心を落ち着かせたいときによく聴いてました。これも含め、彼の作品は無条件に安心させてくれるおうちのベッドみたいな存在です。

 

・Lealani 「Fantastic Planet」

https://open.spotify.com/album/2ynY16isYSUF38hLSbHuHL

絶妙なバランス感を感じさせる、シンセと脱け感のある歌の組み合わせ。ポップだけどうるさくなく、感覚だけで作っていないしっかりとした規律のようなものを感じます。すんごく楽しい!という感じでもないのにいつのまにか耳をもってかれてあっという間に聴き終えてしまう、この先も楽しみなデビューアルバム。

 

・NET GALA 「re:FLEX*ion」

https://nbdknw.bandcamp.com/album/re-flex-ion

今年ナンバーワン度肝抜かれたクラブミュージック。もうすんごいかっこいい。とてもシンプル、大胆で特徴のあるメロディアスさにびっくりしました。こんなの聴いたことない。このアルバム内の曲「Quarrel」がクラブでかかってたらもう大興奮して踊りまくります。

 

・Swimful 「Folding Knives」

https://svbkvlt.bandcamp.com/album/folding-knives

downstateなどwaveのアーティストとも親交のあるSwimful。そういう面からつい見てしまいますが(中国のエクスペリメンタル、アンビエント〜waveの流れは確実にある。Dirty Kや暗号零などいるし)いい意味でそういったジャンルのどれともいいがたく気持ちいい曲ばかりでした。

 

・Yikii 「Flower’s Grave・花之墓」 https://genome666mbp.bandcamp.com/album/gnm015-yikii-flowers-grave

今年一番聴いたかもしれない。インダストリアル、エクスペリメンタル+ウィスパーボイスという、好きなひとにはど真ん中の組み合わせ。ついてこれるひとしか寄せ付けない感じの振り切り方がいいです。安定のgenome666mbpとか思ってしまいます…。曲名もいちいち最高。

 

・VAMPIRE✞HUNTER™ 「Ill,」

(音源に関するページが現在見当たらずなのでみなさんライブかご本人へご連絡を。物販で買いました。)

最近はKLONNSのベーシストとしても活躍する剤電さんのソロプロジェクト。8-90年代あたりの日本のパンク〜V系の系譜にあるというよな耽美な作品。うっとりしてしまう素敵な声に重なる大げさなエフェクトとアンダーグラウンドな雰囲気たっぷりの粗さの感じられるダークなトラック、最高。剤電さんSNSから感じられるセンスが好きなら買って間違いないと思います。

 

・MC ビル風 「July Tape」

https://mcbirukaze.bandcamp.com/album/july-tape

ヒップホップかつパンク、こんな熱いライブするひとほかにいるか?というスーパーかっこいいラッパーのMC ビル風さん。前回のCD-R作品は思春期の残り香を削って手でこねてまとめたような、人間味と汗といろんなものが混ざったような少し気恥ずかしくて切ない素敵な1枚でしたが、今回はそれよりもぐっと大人になった苦い塩気と覚悟を感じるのです…。そして、そういったエモーショナルな面ももちろん最高なんですが、ビートも耳に馴染むいい曲ばかり。私は音楽、そしてヒップホップに全然詳しくなくてなんていえばいいのか分からないのですが、本物だって思います。

 

・ケケケッ 「スリラーショック EP」

https://kekeke-jpn.bandcamp.com

ホラー漫画マニア*13人がホラー作品とその愛をラップしまくるめちゃくちゃ面白い作品。ヒップホップが好きなのも分かる、ちょっとベタでキャッチーな感じのフロウ、トラックもいいですね。好きなものへの愛が詰まった、聴いてて楽しくなる以外にないすごく好きな作品です(CD買えてうれしい。)

 

・彩衣 Ms.Machine 「Dröm Sött」

https://sai-ms-machine.tumblr.com/

Ms.Machineのボーカルsaiさんのソロ作品。Ms.Machineの強さを感じさせる雰囲気と一変、とてもかわいらしくプライベートな内容でどきどきしてしまうし、あたたかくて泣いてしまいそうになる2曲。こういう作品があるから人間すき、と思える。

 

・田島ハルコ 「kawaiiresist」

https://harukotajima.bandcamp.com/album/kawaiiresist

ちふれgang」まじかっこいいやべーって思って、そのあとにアルバム買って丸々聴いて、もうほんとアルバム通しで「それな」の連続で泣ける1枚。どれもこれも美しいリリックでいっぱいなんだけど「TikTok Angels」の学校のクラスになじめない(たぶんケッとか思ってるだろう)子がクラスの子のTikTokに映り込んじゃって…っていうストーリー仕立ての、エモいしかねえだろっていう曲にじわじわやられてます。この曲で一気に、中高生の頃のどうしようもなく情けなくてかわいそうな気持ちが蘇ってきて少し胸が痛い。でもその頃含めて今の最高な私なんだよなっ!と思うことができる、唯一無二のアルバムです。

 

・No No No 「Raw Live Fast Tape」

https://gerpfastkolektif.bandcamp.com/album/raw-live-fast-tape

スリーピースのパンクバンドNo No Noのライブ音源。バンド名からしてめちゃくちゃかっこいいんですが、その名を裏切らない(音源のタイトルも)ロー、速い、かっこいい!パンクってこれでしょって感じしかない。すごくシンプルな音に聴こえるんだけど、こんだけ速くてダレが無くパワーを感じさせるって、相当なことだと思います。

 

・hotaru 「長良川のエレジー

http://obakekoubou.buyshop.jp/

https://www.youtube.com/watch?v=CGYoEkRZeHw

ライブの衝撃的な体験から絶対に音源を聴いてみたいと思ったhotaruさん。フィールドレコーディングをしたカセットや、シンバルや声などを使った即興(だと思う)演奏の緊張感のあるライブとは違ってアルバムは穏やかな流れなんだけど、寂しげで少し張り詰めた雰囲気が心地よい音楽。音としっかり向き合っているアーティストなのだなと感じました。

*1:2019/12/27訂正

dead peach dayの下書きかもしれない

かもしれないわりと寒いノリのテキストがあったので消化します。

(販売中のdead peach dayはこんなノリでなく、もっと、地味な素人の文体です)

下記タイトルはお好きなようにお受け取りください。

 

・女ではないことはお前に関係ない

dead ももか(デッド モモカ/以下デもも)3月17日生(カート・ラッセルと同じ日)性別は女として育てられピンクもスカートもキティちゃんも嫌になったりピンクもスカートもキティちゃんも大好きになったりして31歳、好きなアイスクリームはずっとチョコミント。幼少時代はベロア素材と黒のエナメルストラップシューズに異様に憧れがあったがどちらも身に着ける機会に恵まれず、幼稚園の行事にてえんじ色のベロアのぼってりしたストラップシューズを履き不機嫌な顔をしている写真が残される。当時を思い出すたび口の中に苦み。そんなこだわりがややこしいガキである、他人にかわいいといわれた記憶はなくそれは10代の間も。中学で否応無く着させられた制服のかわいくないこと。すぐテカる紺色地のボックスプリーツスカートの意味は女子。休日は錆の液が飛び散ったような模様のピチピチのパンツをよく履いていました。アルゴンキン。かっこいいと思っていたんだ。私服の高校生活では存分にミニスカートを履いてやった+絶対領域。地下鉄のホームで知らんおっさんにすれ違いざま「まんこ」とささやかれたことを私は15年経っても忘れていない。あの日は白と緑の半袖ニット、ミニのプリーツスカートにオーバーニーソックスを履いていたんだ。忘れない。なお、その10年後くらいにデニムのミニスカートを履いた朝の通勤時、家の近所を歩いておったらヤングというほどでもない男にすれ違いざまに「スカートみじけぇ」といわれたことがあり、なあ、君ら、せめて、ただこれは許されるギリギリの境界のせめてなんですが、褒めてはどうでしょうか。「まんこ」も「ミニスカートが短い」も事実(ただ「ちんこ」の可能性もあり)でしかなく、それでは私は「ちんこ」「ダンロップ」「まゆげが両津勘吉」とすれ違いざまいってもいいのでしょうか。いうかよ。思うことは有〼。せめて「ナイスデニム!」といってくれたら「サンクス!」ぐらい返せたかもしれませんし、それが出会いのきっかけでぞっこんLOVE、「奇跡の出会い方をしたナイスな2人が結婚報告」とツイッターニュースになっている平行世界があったらいいね。平和(読みはディストピア)。高校生活に戻りますが、化粧にご興味を持たれたデもも妃はきれいとはいえないベースメイクに紺色のアイシャドウをぼんやり塗って友人に「デももが濃い色の化粧してるの好き」といわれて結構嬉しくなっちゃった。そうこれ。これでしょ。ひとまずここ覚えておいてね。服の専門学校では貧乏だから古着ばかり着ていてa girl like高円寺にいるひと、はい、確かに高円寺にいました。いつかのジェーン・バーキンのロングヘアになっているつもりでしばらく重たいヘアスタイル。GSのグルーピーになったほうがええんとちゃうかな。その昭和コスプレどハマりする自信あるよ。卒業後も貧乏、しばらく低賃金が続き懐は長い冬、世の中はユニクロ、Gap、H&M、Forever21、ZARAが春を迎え、私もたまに暖をとりにいったこと、忘れちゃいけないですよね。お金が無くたっておしゃれしたいんですもの!かわいいかっこして堂々とおでかけしたいの!って、セールで踏ん張って買ったUNITED BAMBOOのブラウスとGapのやっすいカーディガン、asosのやっすいスキニーパンツにこれもどっかネットで買ったまあまあ安いUSのショートブーツ履いてたら、アート系のバイト先の音楽をやっておる男子に「USインディーバンドっぽくてかっこいい」っていわれたんですよ。ぎゃはは。なんじゃそりゃ。要はちょっとアーティスティックな?とがった?なんらかの雰囲気?があるねイカしてる、という意味かしら。そうそう、20代になって結婚式に出るからおよふくとくつを買いに山へ芝刈りに行かなきゃならない事案が増えて参っちゃう。貧乏かつ貧乏性の私は結婚式後は着倒しちゃおっ☆というよなワンピースを刈ります。sister janeのキラキラブラックドレス(後にクラブ活動で活躍)、セールで格安の3.1フィリップ・リムのもったり切りっぱなしドレス(後にきれい過ぎて気に入らずパッチやワッペンでデコ☆)、どピンクデッドストック50's花柄ワンピース(後に恋人とのバカンスに着て行き彼の腕のなかにダイブ!)というラインナップ。また、この時ばかりはと調子乗ってタイツ・ストッキングに課金制限無し、脚もの好きだから特別待遇。ayame、Kiwanda、Wolfordなど。Wolfordはかずしてストッキングを語るなかれ。靴に関しては出費が大きく毎度購入では非常に心臓に負担がかかるため回を増すごとに学び、川へ拾いにゆかなくとも日頃からスペシャルかわいい靴を買いケアして常備すれば無問題。このようにファッションひとつにも学びがあり、積み重なってゆくのです、これは真面目に。お洗濯の方法だって靴や鞄のケアだって、色んな失敗を重ねて学びましたもの。かすれた加工のヒールに勝手に真っ黒の靴クリーム塗りやがった広尾の靴修理屋、ぜってえ忘れねえかんな。カスタニエールのエスパドリーユの直しも数回履いたら壊れ結局自分で直したし。No Pain,No Gain。たくましく生きようや。高校の頃2,500円で買ったメイド・イン・イングランドDr.Martensのかっちょいいストラップシューズだってまだ現役。たくましい。そいやこないだ長老がご臨終、高校の頃に100円で買ったスカートを成仏させました。履ききった!バイバイ!と円満にお別れした感じ。ハッピー。こんまり先生、こういうことでしょうか?Spark Joy!もっとときめきたい!転職したい!つってある日面接行って(帰りにデモ行って)採用後めっちゃ働いて働いて働いて…休日出勤の夜、やるなら今日しかねえつって夜の新宿にて革ジャン購入。カードをぱしんっ「一括で、あ、タグ切っちゃって着てくから」という俺めっちゃクール。うかれぽんちになってしまいその日その後の記憶がない。服装自由の職場にどんどんSpark Joyしていく私。髪は青メッシュいれたり金にしたり赤くしたり、鼻はセプタムぶち開け、すると某男性曰く「デももちゃん前もっと清楚だったよね」??????ま、いいや、セプタム褒めてくれるひとサンキュー。素敵ねっていってくれるの99%くらい女のひとで、こないだ初対面のひとで初めて男のひとにほめられたんですよね、クリームパンが人気のパン屋さん。あげパンおいしかったです。ていうかね、他に褒めてくれた男って恋人だけなんですよねーあー好き好きマジ愛してる。で、暴論と思われるかもしれないんだけど、特に我らの世代(昭和生まれ)以上は外見を褒める方法、能力に長けているのは女のひとのほうなんじゃないかなって。同性、異性相手どちらに対しても。私も結構さらっというわけですよ男女相手に、職場とか遊ぶとこで今日の服素敵っすね!って。逆があまり無いような。それは私デももがおしゃんではないからでわ。。。といわれても困りまんがな、あのスカート素敵どこのってつぶやかれたりするぐらいにはイケてますわよ。まず1、女:幼少期よりかわいーかわいーってきゃっきゃする文化圏が広く分布し褒めることに対してのハードルが低い(良い傾向)。高校時代のアイシャドウの話ってまさにこれだと思うんDA・YO・NE。対して男はそうでない?話がぶっ飛ぶ印象かもしれないけど家父長制のもとの男子の教育は関係がありそう。2、そのため女は褒めること自体にそれ以外の目的はないことが多いが、男は褒めることに慣れておらず、褒めることに勝手に意味を付加し重みをもたせてしまう(より親密な好意など)。また色目、セクハラなどと捉えられる心配もあり、うまくやれない。3、そもそも1は、女というだけで外見に対して厳しい目を向けられて育ってきているため褒められ、また、けなされることにより自尊心がぐらつくということを体感しているためコミュニケーションのひとつとして会得済み。これらの推論はナウ検証が難しいため展開せずこれにて閉幕。ご意見・ご感想お願い致します、特に男性陣。これは私の最近の話でございますが、いかれた格好をしたい、というのがあります。ドラァグクイーンのTV番組が流行っており、世の中もぶっとんだきらめきを求めている暗雲たちこめた状態なのでしょう。かくいう私も長年ド派手というには程遠いゆる〜いおしゃんしかできておらず、そのためか極端な外観への渇望が訪れ混乱しております。昨年はゴスになりたく、今年はギラギラすけすけの服が欲しく、要は頭がイっちゃってんなアイツ、と思われるような格好をして道をあけてもらいたい。な・め・ん・な・よ、と。というわけで、今年アッパーがクリアビニールでヒールが緑色の化粧瓶の形をしている激ラブリーな靴を購入・愛用しており計画は順調なのでありますが、こないだ表参道で見たうすーいコットンで繊細なギャザーのよった手刺繍入りのふわっとしたロングワンピースなどを見て、うわわわわこういうの着て編み物したりドライフルーツたっぷりのパウンドケーキ焼きたいね、と思うなどもしている。38,000円。値段が、な・め・ん・な・よ。